あいまいあいか

ライトノベル作家を目指している秋鹿光久の日記。

レポート

みなさんはこんにちは、秋鹿です。お久しぶりです。

いやぁ、生活が変わるとこんなにも大変なのですね。

 

僕は三月まで県立高校に通ってたのですが、この春から通信制にチェンジしました。

というのも、

本格的に作家を目指すためなのです!

 

目指すと言っても特別なことではなく、

理由は単に、

学業と夢への努力を両立させられない。

このままではどちらも疎かになる。

と危機感を覚えたからです。

 

四月から通信制の高校に転校してから、すぐには環境に慣れず、あたふたとしていたのですが、今はそこそこ慣れてきました。

もう少しで最初のレポート提出日がやってくるので、しばらくは小説はほどほどにして、そちらに集中したいと思います。

 

さて、通信制に切り替えてよかったことはなんでしょう。

結局、勉強してるんでしょ?

それなら普通に学校行っとけば良かったんじゃないの?

そんな声もあるでしょう。

 

一応、学校名は伏せておきますが、僕の在籍している学校は専門的な映像授業もあり、将来の進路に合わせて特別な授業を見られます。

僕の場合は作家ですから、現役作家や編集者が授業をしている映像を視聴することで、それなりに学ぶことがありました。

 

他に……

インプットの時間を取ることができる。

執筆を途中でやめることが少なくなった。

気分が乗った時、すぐに執筆を始めることができる。

などなど、活動するに当たって様々な利点がありました。

 

特に二番目と三番目のことが個人的に大きいことで、

今までは授業中に書き出してもすぐにやめる必要性があったり、そもそも思いついても書くことすらできなかったりと無駄が多かったのです。

しかし、授業はパソコンで映像を見る形ですので、繰り返し見られ、常にテキストエディタを開いていることも可能です。思いつくなり執筆をし、詰まった又は書き終えたところで授業をもう一度聞く。

授業内容を聞き逃しても、もう一度視聴する機会があり、その上思いついたことも忘れずに書き残せる。

実際に、高校の授業を受けながら思っていた不満をすべて解消できています。

 

ただ一つ、懸念があります。

それは、レポートです。

 

この学校ではスクーリングとレポート学習と面接で単位取得できるらしいのですが、その一つでも落としてしまうと進級は不可。

僕の通っていた県立高校は進学校で厳しかったのですが、それはなんだかんだ言って生徒のことを思ってです。相当無理ではない限り、教師は生徒のために色々と動いてくださってるようです。ある進級は危ういのではないかと言われていたクラスも一人も欠けずに進級できたようです。知らんけど。

しかし、この学校は通信制。そして人数も多い。必然的に教師一人が担任する生徒数も多くなり、その分簡単にはサポートできないでしょう。

この学校では、教師に頼るということが難しそうです。

よって、レポート提出も自分でしっかりと管理しなければ、締切に間に合わず、単位を落としてしまうなんてこともあるかもしれません。

自主性を育てなければですね。

娯楽解禁

みなさんどうもこんにちは、秋鹿です。

 

前回の記事にて小説の一幕を書き上げるまで娯楽禁止とすることを宣言しました。

木、金、土曜日と三日間の間、娯楽を禁止いたしまして、小説執筆に専念した結果、、、

書き上がりましたので娯楽解禁です!

 

ということで、明日から次の章の執筆にも入ります。

休みはないのです( ´ ▽ ` )

ただ、娯楽は解禁しますのでちょうどいい具合に休憩を挟みながら進めていこうかなと思います。

書き上げたら友人に見てもらう約束になっているので、頑張って書き上げます。

 

そういえば、そろそろネット小説大賞の一次発表ですね。

期待せずに待っていようと思います。

それではまた。

娯楽禁止

皆さんどうもこんにちは、最近は体調がよくない秋鹿です。

心身ともに目に見えて削れていっているような気がします。

ツイートをしようと思ったら、予定と違うことを入力しています。最終的に行き着く結果が死にたいになっているので、そろそろツイート控えようと思います。

 

本題ですが、上記による弊害として執筆速度の低下が見られます。

切羽詰まっている訳ではありませんが、同じところで足踏みしているような状態ですので、そろそろ始めます。

 

 

娯楽禁止!!!

 

スマートフォンは封印。

使っていいのはパソコンとWi-Fiに繋いでいないiPod touchだけ。

ゲーム禁止。テレビ禁止。アニメ禁止。小説禁止。YouTube禁止。ニコ動禁止。

インターネットも最低限しか使いません。

 

土曜日は出掛ける予定がありますので、それ以外の日は娯楽禁止ということにします。

土曜日も暇さえあれば執筆するかと( ̄▽ ̄;)

 

現在執筆途中の章を書き上げて次の章のプロットを作り終えたところで終了とします。

ブログの方もしばらくは更新しませんのであしからず。

 

それではまた。

マツダはカッコイイ

みなさんどうもこんにちは、秋鹿です。

今日も小説に関する話ではないですが、ちょっとだけ夢には関係あるような、ないような。

 

というわけでタイトルの通り、今回は車についてお話します。

 

私はまだ車の免許を取れる年齢ではないのですが、まあやがて取る必要が出てきます。

田舎に住んでいる以上はやっぱり移動手段は車になりますよね。

 

そこで私もう何年かしたら免許取りに行かねばならんのですが、そうなるとやっぱりいつかは乗りたい車っていうのを考えてしまいます。

僕は車には詳しくないですから、とりあえず各メーカーの特徴から調べよう。

そこで見つけたマツダの情報。

 

マツダはカッコイイ。

 

その情報に釣られてマツダのホームページへ。

メニューからカーラインナップを選択すると、その下なプルダウンメニューがざあっと出てきます。

ふむふむ。結構種類あるなと見ていると、ロードスターという名前を見つけました。更にその下にはロードスターRFという仮面ライダーG3みたいなノリのものがありました。

かっこいいぞと。他とは何か違うものを感じたの。

流れるようにタップ。

そして出てきた画像がこちら。

 

f:id:Aika0329:20170311231732j:image

ただ一言、カッコイイ!!!

 

いつか夢を叶えて、この車を買えればなと思いました。

それまでチャリでいいです( ˙-˙ )

 

それではまたお会いしましょう。

ソーセージパーティーを見ました。

みなさんどうもこんにちは、秋鹿です。

今日は友人が家にやってきて、一緒に映画を見ました。

朝からDVDを二本借りてきまして、それを午前に一本と午後に一本に分けて見ました。

 

まず最初に見たのがテラフォーマーズ

これは同名の漫画作品を実写映画化したものですね。

友人の仲間内でこの作品がブームになっているらしく、その繋がりで見ることとなりました。

この作品に関しては微妙としか感じなかったので割愛します。

 

それを見たあと友人の大豆くんに昼ごはんを作ってもらいました。

ホタテとエビのソテー(うろ覚え)

ホタテを最近食べていなかったので、食べられてよかったです。

 

さてさて、メシの話は置いといて。

午後に見たのはソーセージパーティーというアニメ映画です。

友人からそのタイトルを聞いたとき、私が言った一言はこれです。

 

 

「なにそれなんてエロアニメ」

 

ほんとに何も知らなかった私の第一声はそれでしたね。

ちなみにそのあと返された言葉は、知ってんじゃねーかでした。

もちろん私は知りませんから、マジでエロアニメなの!?とビクビクしたふりをしながら内心楽しみにしてたんですよ。

 

どんなものなのかなと。

 

まあ流石に嘘でした。

ソーセージパーティーというのは2016年に公開された3DCGアニメ映画だそうです。

このとき私はこのことを知らず、実写だと思ってたんですよね。

知らずにR-15指定があると聞いて、実写でエログロは嫌だなと一気にテンションが下がりました。

反対に大豆くんのテンションは上々。少し前から気になってたそうです。

あまり気乗りはしなかったのですが、どちらかと言えばこちらがメインだったので渋々ディスクをプレイヤーに入れました。

オー!?ナントイウコトデショー!!!

アニメムービージャナイデスカー!!!!

 

予想外の展開にワタクシのテンションも少しずつ上がってきて、キャラクターが歌い出したときは思わずこのDVDを持ってきてくれた友人を睨みつけてしまいました。

この出会いに感謝を!と目線で言ったのですが、おそらく気づいてないですよね。

まあそのあと和気あいあいと静かに会話しながら見続け、最後のほうになると事件が起きました。

 

なんと、

 

なんと、、

 

なんと、、、

 

なんと、、、、

 

 

商品が人間を殺し始めたんです

(゚Д゜)ナンデストー!?!?!?!?!?

 

そして最後には乱(自主規制)パーティーが始まりました。

面白かったんですがね。

二度と見ません(  'ω' )ノ)`ω' )ベシッ!

 

ただそれだけ。

前回の記事でいつやるだろうかなんて言ってたけど、三夜連続になりましたね。

それではまた。いずれ近いうちにお会いしましょう。

なんと、私の小説が……

みなさんどうもこんにちは、秋鹿です。

 

私、秋鹿はライトノベル作家を目指しているわけであります。

ここで僕が初投稿したネット小説大賞の話をします。

 

みなさんは小説家になろうというサイトをご存知ですよね。僕のブログを読んでくれている方がいらしたら、その方は知っているでしょう。

 

さて、小説家になろうにはたくさんの小説が投稿されており、そこから有望な新人を発掘するために様々な新人賞が用意されております。

その中でも最も規模が大きく、注目されている賞は先程言ったネット小説大賞というものになります。

ネット小説大賞というのは未完結可、そして文字数制限もなし。他の新人賞と比べると、敷居が低く、足を踏み入れやすいものになっています。

僕もその存在を知っていて、本格的に活動を始める前にやってみようと投稿しました。

 

それがこの雅に時雨れるです!

こちらの小説は、文章は書けるのにストーリーが思いつかない少年と、ストーリーは思いつくのに文章にはできない少年が出会い、二人組としてデビューを目指す話になっています。

この小説がなんと、

 

 

 

ネット小説大賞の公式さんから感想をいただきました!

 

イェイ!!!

指摘とかはなく、読んで思ったことを率直に書かれており、しっかりと続きが気になると書いてありました!ワァイ!!!

賞どころか感想すらもらえないと思っていたので、びっくりしました。

 

 

これ、受賞の可能性もあるんじゃ……

私の中の悪魔がそう囁いてきます。

自惚れてはいけないのですが、どうしてもこういうことがあると考えてしまうのが人間ですよね笑

このあと、三月末に一次通過作品を発表されますが、それまで気を抜かずに執筆活動をしていきたいと思います。

 

それでは二夜連続投稿となりました。

次に記事は一体いつになるやら。確定しているのは三月末の一次通過発表のあとですね。

それではまた。

 

 

キーボード買いました。そして私の小説が……

みなさんどうもこんにちは、秋鹿でございます。

 

今回話したいことは二つあるので、記事を分けたいと思います。

 

まず今日は先にキーボードの話をします。

 

僕は去年の四月からパソコンでの執筆を始めました。

実際にはその前に壊れたノートパソコンでクソみたいな短編小説は書いていましたが、本格的にパソコンで書き始めたのは高校入学祝いで買ってもらったデスクトップパソコンからになります。

それから僕はせっせと時間を見つけては趣味で小説を書いていたのです。

 

さて、この冬から本格的に執筆を始めた僕ですが、一つ困ったことがあります。

なんと、僕の家にあるのは持ち運びができないデスクトップパソコンしかないのです。

このままでは家から出ると小説が書けない!困ったちゃん!

ここはなんとかしてノートパソコンを買うか?

そう考えていたとき、あるものを見つけたのです。

 

f:id:Aika0329:20170310220843j:image

 

ご存知の方もいるでしょう。デジタルメモ『ポメラ』でございます。

 

これを見た途端、ものすごくほしくなりました。

なぜなら僕は執筆中にどうしても関係ないことを調べてしまい、すぐに脱線してしまうのです。それなら余計な機能のついていない、そして辞書等は充実しているポメラの方がノートパソコンよりいいのではと考えたわけです。

 

これほしいな、いくらだろ……。

値段を見てみると、約50000円!!!

びっくりしてスマホを落としましたよ。漫画のように綺麗に落としましたよ。

さすがにこれは手が出せない。貧乏学生をなめるなと叫びたいですね。

まあこればかりはしかたないですよね。やっぱろ機械だからそれくらいの値段はするわけです。

 

しかし、このままでは外で小説書けないぞ。

 

頭を悩ませていると、ネットでタブレット用のキーボードの記事を見つけました。

そのレビューを見て、ああこれでいいじゃんか。即決ですね。

Amazonのアプリを開いて『iphon キーボード』で検索。出てきた商品はこちら。

 

f:id:Aika0329:20170310223000p:image

 

エレコムのワイヤレスキーボードです!

元々の値段からすごく安くなってますよね。

82%OFFってなんやねん(-。-;

 

でもこれ安いし、エレコムだからいいんじゃないかなと速攻ポチりました。

ちなみに僕が買ったときはもっと安かったです。

それが届いたんですよ!ジャーン

f:id:Aika0329:20170310223259j:image

 

 実際には使ってみた動画はyoutubeのほうにあります。

ELECOMワイヤレスキーボードが届いたよ - YouTube 

よかったら見てください。

 

今後はこれで外の執筆も捗りますね!

 

お外行かないけど

 

それではまた明日の記事でお会いしましょう!

バイバイ!