読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいまいあいか

ライトノベル作家を目指している秋鹿光久の日記。

ネット小説大賞一次発表

みなさんどうもこんにちは、秋鹿です。

先日、ネット小説大賞の一次発表がありました。

Twitterおよび小説家になろうの活動報告の方で先に報告させていただきましたが、改めてこちらに載せます。

結論から言うと、私の作品『雅に時雨れる』は落選しました。

 

感想をもらえて浮かれてましたし、今ではおこがましい限りではありますが、一次くらいは通りたいという気持ちもありました。

一番最初に現れた思いは〝なぜ〟でした。

なぜこの作品は通って、私の作品はダメなの。

今はその理由も薄々わかりつつありますが、とにかくそのときはショックが強かったです。

丁度そのときはリアルの方で重要な決断が迫っていて、うまく気持ちを処理させることができませんでした。

結果、次に向けてすぐ執筆に戻ることはできずに5日が経ちました。

その間に小説のことを打ち明けている友人に慰めの言葉をもらったのですが、そのときの私の素直な気持ちは自分の中に仕舞い、見栄を張って落ち込んでない体で会話をしていました。

それが余計に自分を追い込み、なんでなんでとなっていたわけです。

 

今は大分落ち着いて、落選した作品を読み返してその理由も多少わかりました。

今日から六月末のHJネット小説大賞締切に向けて、執筆していこうと思います。

本来なら半年後のスニーカー大賞に出す作品の完結を目指すところなのですが、せっかく直近のネット応募の賞があるので、未完結の状態で一度出してみようかと思っています。

10万字を二ヶ月というのは今までしたことのない挑戦ですが、自分がどれだけやれるのか今のうちに知っておくのもいいかなと。

それでは四月より小説家になろうで新作を連載開始しますので、どうぞよろしくお願いします!